GM工房について
デリカD-5のステンレスパーツを制作販売
GM工房ブログ

GM工房は釣り用の竿受け・竿掛け、自動車用のデリカD5サイドステップなどの製造・販売を行なっています。

作業工程

GM工房ではお客様のご要望を一つ一つ丁寧に製作しております。

 

良質ステンレスを使用
良質ステンレスを使用

[STAIN] 汚れ、染み
[LESS] いっそう少ない、より少ない

染み、汚れが少ない金属=ステンレス

鉄をベースにクローム・ニッケルなどを混ぜた合金。

クロムが酸素と結合して鋼の表面に
薄い保護皮膜 (不動態皮膜)をつくる事で
腐食に強い金属になります。

 

グラインダーを使いサイズの微調整
グラインダーを使いサイズの微調整

まず最初に、ステンレス板を必要な寸法にレーザー加工します。
 

その後、グラインダー等を使い更に細かいカットをしていきます

TIG溶接は手溶接と違いバチバチ火花が飛びません
TIG溶接は手溶接と違いバチバチ火花が飛びません

熟練された職人の腕とTIG溶接機で高品位、高精度の溶接が可能です。

 

 TIG溶接とは、タングステン電極を使って母材との間にアークを発生させ、その熱で母材及び溶接棒を溶かして接合する溶接法です。

耐食性や靭性にも優れ、溶接欠陥も発生が少なく
各種溶接法の中で最も高品質な溶接結果が得られます。

 

 

 

 

竿掛けの各パーツが出来上がりました。

ローレット加工後に指定の角度に曲げていきます

良質ステンレスを使用
良質ステンレスを使用

ステンレスは変色、傷が着きやすいので
組み立ててから バフ研磨して細かい傷を磨き消します。

良質ステンレスを使用
良質ステンレスを使用

最後の磨きも終わり、竿掛け取り付けプレートの完成です。

竿掛けの取り付けプレート部分はご希望により焼付け塗装も可能です。